シルバーアクセサリーがメンズファッションに一役買う

荷物をラクに運べる

便利なバッグ

バッグの付いたバイク

自転車やバイクで移動する際に気にかかるのが、荷物です。少量の荷物ならリュックサックに入れて背負ったり、ショルダーバッグを斜め掛けにして身体に密着させたり、とすることができます。しかし、荷物が増えれば増えるほど、重量も増えるため、身体の動きに自由がなくなってきます。そうすると、自転車やバイクの運転に支障をきたしますし、ショルダー部分のベルトのずれなどにより、着衣の乱れも気になるため、安全性が損なわれてしまいます。そこで良い解決策を考えると、辿り着くのがサイドバッグの取りつけです。サイドバッグとは、自転車やバイクの後方部分のサイドに取りつけられるバッグのことで、片方、もしくは左右両方につけられます。サイドに取りつけたら邪魔なのではないか、という声もありますが、運転には支障をきたさず、後部座席のスペースも空き邪魔になりません。また、後部座席に人が乗った際にも邪魔にはならないので問題ありません。そして何より、身体は重量から解放されるので、ラクに走行することができます。それに、防水加工がしっかりされているサイドバッグであれば、雨に日でも安心です。それから、サイドバッグの価格はピンキリで、相場は1万円から2万円ほどとなっています。サイドバッグ好きな人にとっては、相場の価格は安く感じますが、サイドバッグ初心者には高く感じる値段です。5千円ほどのサイドバッグであれば、素材も作りもしっかりしているので、初心者の方は、それくらいのものから試すことがおすすめです。

荷重量や大きさ

バッグ

バイクで移動する際に、荷物の収納に役立つのがサイドバッグというアイテムです。サイドバッグを装着することで、容易にバイクに載せる荷物の量を増やすことが可能です。バイクのサイド部分に装着するアイテムをサイドバッグといいます。アメリカンバイクやツアラーといった車種において、しばしば活用される種類のバッグです。サイドバッグは、タンクバッグやツールバッグなどのタイプでは荷物を載せれない場合に役立ちます。バイクの片側のみに装着する種類と、両サイドに装着する種類がありますが、片側のみに装着するサイドバッグは走行中のバランスが安定しないケースがあります。また、両サイドに装着する場合も、荷重差があると安定性が下がることがあります。そのため、出来るだけ荷重量が同じになるように収納することが大切です。そして、サイドバッグは装着したままにするケースも多いため、防水機能の優れたタイプを選ぶほうが良いです。このようなサイドバッグは、南京錠などで容易に鍵が掛けやすいことや、バッグの荷重量そのものが充分あるというメリットがあります。非常時のために工具やパンク修理ツールなどを常備しておくと便利です。サイドバッグには様々なタイプがありますが、選択する時に考慮すべき点は、タイヤやマフラーに触れないことです。大きすぎるサイドバッグは、タイヤやマフラーに触れて、焦げるケースがあります。そのため購入する時は、バイクに装着することが欠かせません。

扱いやすさがポイント

ドライバー

バイクや自転車における荷物の持ち運びを容易にし、オシャレも演出できるサイドバッグは、幅広い年代から支持されている便利グッズです。サイドバッグは重厚でありながらファッション性も備えていますので、デザインにこだわる人でも満足できることでしょう。大きさや形と色は様々なタイプから選択でき、雨よけや防犯対策として、レインカバーの脱着が可能な点もサイドバッグの魅力です。しかし、ファッションのひとつとして見る場合、全体のバランスも重要ですので、選定はセンスの見せ所といえるでしょう。まず重視すべきポイントが色で、例えばブラックのサイドバッグを選択した場合、車体も同系統のカラーであればマッチします。衣類はすべて同色であると不自然な雰囲気もありますが、サイドバッグは車体と色を統一するのもオシャレの工夫です。このほか、車体に装着する備品は泥やホコリが付きやすいため、サイドバッグを選定する際にも、走行中や停車中の汚れを意識しましょう。全体的に汚れや水に強い設計となっていますが、一部は持ち運びや手軽さと価格重視のデザインです。レザーもしくは合成皮革のほか、ナイロン製が強度重視の設計ですので、十分に確認してから選定するべきでしょう。盗難対策を重視する場合、脱着と持ち運びが容易なタイプを選択します。ただし、走行中に外れると危険ですので、取り付け方法とパーツを確認してからの選定がベストです。中にはショルダーバッグとして使用できるタイプがあり、通勤通学時にも活用できます。