シルバーアクセサリーがメンズファッションに一役買う

ファッション性と機能性

二人乗りなら断然おすすめ

バイク

高速道路でのバイク二人乗りが解禁されてからというものの、ツーリングの楽しみ方が広がりました。長旅をする人たちも増え、いろいろな地へ二人で出かけ思い出を共有するということは、今までにない楽しみ方となったのです。しかし二人で遠出、しかも宿泊を伴う旅となったときに問題となるのが荷物です。一人旅であればシートバックに荷物を括り付けるという方法でも対処可能でしたが、二人乗りということであれば荷物問題は解決しておかなくてはなりません。バイク走行において、特に高速走行になった場合は重心が下の方にあった方が走りが安定しやすいとされています。また左右に荷物を振り分け、バランスよく積んだ方がより安定感は増します。そこで人気なのが左右振り分け型のサイドバッグなのです。サイドバッグには片側に取り付けるタイプもありますが、二人乗りのツーリングであれば荷物も二人分、左右に振り分けた方が安心です。大きめのサイドバッグを両サイドに装着すれば、積載の問題だけでなくお気に入りのファッションでバイクに乗ることも可能です。もちろんバイク乗りに適した格好であることは必須ですが、背中に大きなリュックを背負うことがないということは、服のしわや汗に気兼ねなくバイクファッションを楽しむことにもつながります。防水仕様のサイドバッグを選べば、常にレインウエアを入れておくことも出来、夏の暑い時の着替えを入れておくことも出来ます。車に乗る際に、トランクにあれこれ予備で積んでおく要領で、サイドバッグはなかなか使い勝手がいいアイテムなのです。

素材に合わせて

男の人

ツーリングやちょっとした自転車旅行などの際、利用すると便利なのがサイドバッグです。このサイドバッグは車種に合ったフォルムで小さいために邪魔にならず、それでいてしっかり荷物を収納してくれる優れたアイテムです。そんなサイドバッグですが、使用し続ければ当然ながら汚れや傷みなども生じてきます。そこでお手入れや保管についてですが、まずはサイドバッグの素材に合わせたお手入れを実施することが重要です。たとえば革製ならまずはクリーナーで汚れを落とし、陰干ししてから革製品専用のクリームなどを薄く塗ることで油分を与えます。その後は余計な油分を拭き取ってひび割れなどを防ぐようにしましょう。こういった工程は最低でも年に一回は実施するようにしてください。また保管については、湿気のない風通しの良い場所がお勧めです。そういったところならばカビが生えてくるのを予防することも可能です。これは革製品だけに限らず布製品などにも同様のことが言えます。あとは野外で使用するために、どうしても雨などで濡れてしまう場合もよくあります。もともと防水性の素材のものならばたんに濡れた個所を拭き取るだけで問題ありませんが、そうでない素材の場合は、中に新聞紙を丸めて詰め込み、日陰に干すようにしましょう。またガレージなどが野外の場合は、あらかじめ使用後はサイドバッグを取り外して室内に保管するだけでも、汚れや傷みからサイドバッグを守ることにもなります。それゆえに面倒かもしれませんが、一度装着したらそのままにしておくのではなく、こまめに着脱して汚れや傷みなどがないかどうかを確認するようにすると良いでしょう。

元々は馬具でした

バッグ

サイドバッグというのは主にオートバイの車体後部に取り付ける、収納用の鞄の事です。元々は馬具として用いられていたものであり、鞍=サドル付近に取り付ける事からサドルバッグと呼ばれます。これが自転車やオートバイにも取り入れられており、様々な形状や材質のものがそろっています。オートバイや自転車はそもそも積載量が少なく、スポーツ車となるとその傾向が顕著になので、主にツーリング愛好家などに重宝されています。因みにサイドバッグとはサドルバッグの一種であり、車体を挟んで左右に垂らして用いるカバンを指しています。積み重ねて物を積載するよりも安定性が高く、積載量も多く取れる利点があります。オートバイのサイドバッグには主に樹脂製の硬質なハードケースタイプと、革や帆布などで作られた鞄タイプの2種類があります。ハードケースのものは一般的にパニアケースと呼ばれ、収納物の保護に優れると共に、施錠が出来るタイプもあって貴重品の収納にも適しています。鞄タイプのサイドバッグの方は材質が豊富であり、手ごろな値段のものもあって、バイクのファッションアイテムとして利用する事も出来ます。ただ鞄タイプのサイドバッグは防水性が低く、雨天での走行には注意が必要です。レインシートを併用するか、防水性のあるサイドバッグを選ぶ必要があります。丈夫で固定するというサイドバッグの構造上、積載量が増えると鞄が内側に入り込みやすくなり、マフラーやタイヤに接触する危険が高くなります。それを防止する巻き込み防止用のフレームがあり、これを設置した上でサイドバッグを取り付けるのが一般的です。